危機予測で快適ドライブ

買い物や子供の送り迎えのため頻繁に車を使う看護師の中には、運転に不安を抱えている人も少なくありません。運転中には自動車の重大な事故が起きる可能性も否定はできないため、運転には慎重を要します。特にドライブ中には事故が起こりやすいシチュエーションがあるため、事故をできるだけ回避するための運転の知識は知っておいた方がよいでしょう。

例えば事故の可能性を事前に予見できる危険予測の知識を持っていると、安全運転につながります。 危険予測のポイントとして、見通しの悪い交差点が挙げられます。視界が悪いと事故の発生確率が通常よりも高くなるため、カーブミラーの確認や十分に徐行して走行するなどの対策は役に立ちます。
また、たとえ視界が良い場所であっても、ドライブ中のよそ見や不注意が事故を引き起こす原因となるため注意が必要です。その他、夜間走行や雨、雪、深い霧といった悪天候時の運転中にも事故のリスクをあらかじめ認識し、配慮しながらの運転を心掛けましょう。視界が悪いと歩行者や対向車を見逃す可能性があり、重大な事故につながりやすいです。

最初は運転に不安を感じていても、運転に慣れてくるとドライブ中に油断が生じます。そのため、時は初心に帰って安全運転を心掛け、危険予測の重要ポイントをおさらいすると、事故の可能性を極力減らすことができます。このようにしっかり危険予測の知識を持っていれば、安全なカーライフが送れるでしょう。

私や私の友達もそうですが、ストレス発散にドライブをするという人は多いです。特にイルミネーションがキレイな時期などは、是非色んな所へドライブに行って楽しみましょう。